検出不能を防ぐ

ファイルベースのマルウェア攻撃、標的型攻撃、ゼロデイ攻撃、ランサムウェアに対して 高度な保護を目的としたファイル無害化&再構築(CDR)

GateScanner® CDRを導入してネットワークを強化する

ポータブル機から
安全にファイルをアップロード

 


デスクトップのポータブル機で
脅威防止

 

ディープCDRで
メールを保護


APIでサードパーティー
アプリケーションにもCDRを

ネットワーク分離で
ファイル転送も安心

転送・保管・共有も
ビルトインのセキュリティ機能で


医用画像管理
システムを
守る

コンピューティング
アプライアンスの
整合性を保つ

ネットワークセグメンテーションの
ための一方向ゲートウェイ
テクノロジー

違いがわかる

完璧な統合型CDRモジュールが既存のセキュリティツールにシームレスに適合。モジュラー性、スケーラビリティ、そしてコンフィギュアビリティに優れたGateScannerは、企業固有のネットワークトポロジーで厳密な要求に合わせたソリューションを提供します。

実績ある保護ソリューション

当初、米国の防衛請負業者プラントを保護するために考案されたGateScanner®は、脅威レベルの非常に高い環境で機能するように設計されており、2013年以来、世界中の政府機関や一流企業に採用されてきました。その優位性は、クライアントが独立して実施する侵入テストで繰り返し実証されているほか、常に変異し検知困難とされる「署名なし」ファイルベースの攻撃に対し、最高99.9%の防御率を達成することが立証されています。

 

ガートナーの調査でも高い評価を受けています。

サイバーフィジカルシステムセキュリティ部門クールベンダー(2020

年4月)

• オペレーショナルテクノロジー部門マーケットガイド(2019年11月)

2019年脅威対抗型テクノロジー部門ハイプサイクル(2019年7月)

 

受賞歴


























• Frost&Sullivan社2017年APAC産業用制御システム部門「セキュリティベンダー・オブザイヤー」

2020年サイバーディフェンス出版社(CDM)「コンテンツの武装解除と再構築(CDR)」および「OT / ICSセキュリティ」

Capture
sasa

クライアント紹介

GateScannerのファイル無害化ソリューション(CDR)は、公益事業とインフラ、エネルギー事業、製薬、金融と法律事務、ヘルスケア、防衛を始め、幅広い分野の一流企業や政府機関に信頼されています。

は、政府機関から企業まで多くのお客様の信頼を得ています。

受賞歴のある当社のソリューションをお試しください

Scroll to Top