すべてのコンテンツ転送チャンネルを守る

究極のメールセキュリティのために、GateScanner®メールのCDRテクノロジーを既存のメールリレー/SEGへ追加します

マルウェア検出の反応よりもむしろGateScannerメールはありとあらゆる受信メッセージや添付ファイルを基本コンポーネントへ分解し、隠れている悪質なコードや偽装ファイルを見つけるためにディープスキャンして外から来たアクティブコンテンツを無害化し、残りの悪質なコードを破壊して最終的に機能面で同一の安全なメールのコピーを作ります。

主な特長:
  • 既存のセキュリティツールや商用セキュアメール・ゲートウェイとシームレスに連携
  • オンプレミスやOutlook 365などのクラウドベースのメールサーバーの保護
  • 複数のドメイン、ユーザーグループ、個人アドレスに対してカスタマイズしたポリシーを適用し、“アクティブ・ディレクトリ”と連動させる
  • スキャン、パフォーマンス、例外に関する単一イベントを掘り下げて詳細にレポートする

ネットワークセキュリティまたはコンプライアンスを妥協せず、USBのアップロードを可能にする

GateScanner®キオスクは、タッチスクリーン(キオスク)付きの自立型物理的筐体として、または単体のアプライアンスとして実装される事前構成済のアプライアンスで、USB機器、CD/DVD、メモリカードやポータブルハードドライブなどのリムーバブルメディアからのファイルを企業ネットワークへ安全にアップロードする“安全なポート”を提供しており、NERC CIP-003-7携帯型メディアコンプライス要件を満たします。

GateScannerキオスクは、アップロードしたファイルを浄化するために最先端のCDRテクノロジーを応用して、ネットワークの保存先または他のメディアへファイルを送る前に未知および既知の悪質なコンテンツを排除します。携帯型メディアキオスクは、保護されたネットワークからポータブルメディア/CDや外部保存先へのファイルエクスポートの制御に対応し、DLPプロトコルやGDPRコンプライアンス適用に対してポリシーベースのファイル編集機能を提供します。

GSキオスクのインストールは、単体ユニットとして、またはネットワーク設定で配置でき、オプションとしてクロスドメイン・ソリューション(CDS)に対応する当社のデータダイオード“Gate Scanner®インジェクター”と連携できます。

主な特長:
  • TBサイズのメディアの連続スキャンを可能にする無制限のタスクサイズ
  • 複数配布されたサイバーセキュリティ・キオスクの一元管理。単一イベントを掘り下げた詳細なアクティビティレポート。SIEM/Syslogを備えるインターフェイス。自動更新。多言語対応タッチスクリーン(キオスクのみ)
  • ポリシーベース構成:アクティブ・ディレクトリ(AD)統合を含む複数の認証オプションが付属するユーザー/グループ・ポリシーに沿ってカスタマイズしたスキャンプロファイル
  • スキャン認証:処理したファイルは、GateScannerによってスキャンされたことを証明するためにデジタル署名とシールを貼ることができる
  • 不正開封防止付きで頑丈な物理的外装は、デバイスベース攻撃を食い止めます(スキャンするたびに“ゼロ状態へ戻る”

CDRテクノロジーを用いた安全なファイル転送

GateScanner®アプリケーションサーバーは、受賞歴のあるGateScanner CDRテクノロジーを提供するサーバーベースのアプリケーションで、社外のアプリケーションから社内のアプリケーションへ、さらには異なるセキュリティレベルの企業ネットワークにあるアプリケーション間でのファイル転送を安全に行えるようにします。データパスに入れるGateScannerアプリケーションサーバーは、すべての受信ファイルを保存先へ渡す許可をする前に厳しいCDRファイルを浄化する操作へ送信します。

GSアプリケーションサーバーは、オプションとして安全性が高いクロスドメイン・ソリューション(CDS)に対応する当社のデータダイオード“Gate Scanner®インジェクター”と連携できます。

主な特長:
  • 対応するファイルソース/保存先:FTP、FTPS、SFTP、UNC、SMB、共有/ローカルフォルダ
  • サンドボックスなどの既存のセキュリティツールや次世代アンチウイルスエンジンなどのサードパーティー統合機能を搭載
  • ポリシーベース構成:アクティブ・ディレクトリ(AD)統合を含む複数の認証オプションが付属するユーザー/グループ・ポリシーに沿ってカスタマイズしたスキャンプロファイル
  • 一元管理、詳細なアクティビティレポート、SIEM/Syslogを備えるインターフェイス、自動更新
  • GateScannerエンジンは、ゼロダウンタイム、アクティブアクティブ・ロードバランスを備える動作中の拡張性を提供

CDRテクノロジーを運用したPCへの安全なUSBアップロード

GateScanner®デスクトップは、安全なネットワークセキュリティの下で携帯機器からローカルワークステーションへファイルを安全にインポートさせられる受賞歴のあるGateScanner CDRテクノロジーを搭載したクライアントサーバー・アプリケーションです。
GateScannerデスクトップクライアントは、携帯機器を事前構成済みのワークステーションへ差し込むときはいつも起動します。それはユーザーに安全を保証するアップロード手順を案内し、厳しいCDR浄化手順でインポートしたファイルをサーバー側のGateScannerエンジンへ送信し、最終的に機能面で同一の浄化されたアップロードしたファイルのコピーを生成して選択した保存先へ送られます。

主な特長:
  • ポリシーベース構成:アクティブ・ディレクトリ(AD)統合を含む複数の認証オプションが付属するユーザー/グループ・ポリシーに沿ってカスタマイズしたスキャンプロファイル
  • スキャン認証:処理したファイルは、GateScannerによってスキャンされたことを証明するためにデジタル署名とシールを貼ることができる

強力なCDR保護を任意のデータフローに差し込む

GateScanner® APIプラットフォームは、ISV、ITセキュリティサービス・プロバイダー、デベロッパーやIT管理者が現在使用されているファイル変換の安全を保証するために受賞歴のあるGateScanner CDRテクノロジーを組み入れられるようにします。
ファイルは、CDR処理に対して拡張性のあるGateScannerエンジングリッドへ送信され浄化したファイルが返信されます。
GateScanner APIは、幅広いアプリケーションと接続するよう複数のインターフェイス(REST、WCF、コマンドライン)に対応します。
GateScannerスキャン・エンジンは、オンプレミスにあるか、またはプライベート/パブリック・クラウドなどの仮想環境にあります。

主な特長:
  • ポリシーベース構成:ユーザー/グループと連携型アプリケーションに照らしてカスタマイズしたスキャンプロファイル
  • 一元管理、詳細なアクティビティレポート、SIEM/Syslogを備えるインターフェイス、自動更新
  • GateScannerエンジンは、ゼロダウンタイム、アクティブアクティブ・ロードバランスを備える動作中の拡張性を提供 データシートをダウンロード

クロスドメイン・ソリューション(CDS)用単一方向ゲートウェイ

GateScanner®インジェクターは、ダイオードベースの単一方向ゲートウェイを有するGateScannerネットワークセキュリティを補完します。

単一方向ゲートウェイ(またはデータダイオード)は、データに一方向のみネットワーク間の移動を認める物理的デバイスで、宛先ネットワークから抽出されたデータを防ぎます。データ浄化ツールと高い頻度で連携するデータダイオードは、異なるセキュリティレベルにあるネットワークが重要なインフラや防御などで機密性の高いアセットを守るために高度な機密性を要する環境を構築する上で構成されるところでクロスドメインソリューション(CDS)の実装に対応します。

GateScannerインジェクターは、100/1000Baseコッパーをファイバー変換光送信機や受信機、そして制御ソフトウェアで構成します

GateScannerインジェクターの特長:
  • Windows 2012 R2がサーバーにインストール済み(受信機の最低条件:100MB以上の空き容量があるSSD)
  • 送信の検証
  • パケットロスを最小限に抑える“ネットワーク制限”および“重複送信”オプション
  • 指定ディレクトリから/への自動毎時送信
  • メール通知およびアクティビティログ
  • 送信したファイルや誤送信ファイルに対してユーザーが指定した保存期間
  • 送受信ディレクトリのサイズ制限をユーザーが定義できます(サイズ制限に達した時にメール通知する)

コンピュート・アプライアンスの整合性を確保

Gate Scanner®アプライアンスセキュリティは、整合性を確保するために、MS WindowsベースのアプライアンスやSCADA/ICS、航空機が搭載するコンピューター、ドローン、医療用画像診断装置やPOSシステムを含むデバイス上でHDD全領域にアンチウイルスエンジンでスキャンをかけます。
WinPEテクノロジーを使用するGSアプライアンスセキュリティはプリブートが読み込まれ、保護された領域を含むHDD全領域へアクセスできるようにします。脅威の検出および駆除レベルの劇的な改善へつながるよう複数のアンチウイルスエンジンでHDD全領域をスキャンします。インストールされているソフトウェアがなく変更された設定がなくても、アプライアンスの完全性は絶対維持されます。

主な特長:
  • 5つの商用アンチウイルスエンジンと最高のパフォーマンスを引き出すパラレルモードで動作する次世代自動学習/AIテクノロジー・アンチウィルスソフトウェア(Cylance®製)を1つ使用してアプライアンスのHDD全領域をスキャンする
  • 極めて高い目標の大きさがTBサイズ以上の連続ドライブスキャンを可能にする
  • 接続されたアプライアンス、スキャンポリシーや例外を一元管理
  • メール、SNMP、syslogで同時接続の監視、スキャン履歴やインシデントをレポートする
  • Central management of connected appliances, scan policies and exceptions
ユースケースをサンプリング:
  • OT/重要なネットワークに入る前にノートPCをスキャンする
  • 航空機のコンピューターや海軍のコンピューター
  • C4ISRシステム (UAV拠点装置)

健全な企業の安全を保証

GateScanner® DICOMプロテクターはクリニックに置かれる物理的アプライアンス(キオスク)で、安全にDICOM医療用画像ファイルをポータブルメディアやCD/DVDから医療機関ネットワークへ安全性を脅かされることなくアップロードするために患者や社員に提供しております。
ファイル無害化&再構築(CDR)テクノロジー、を利用するGateScanner DICOMプロテクターは、画像ファイル上で独占所有権のある深刻な脅威のスキャンを行い、DICOMフォーマットに対する厳しい規格適合性を維持しながら完全に無害化され安全なコピーへ変換して院内IT/HER/PACSサーバーへ転送します。
GateScanner®は、未知および検出不能な悪質なコード攻撃(APTやランサムウェアなど)を防ぎ、完璧な操作性。機能性、ファイルの視認性を維持して企業ネットワークの安全性の維持を保証します。

主な特長:
  • 独占所有権のあるDICOMを分解してメタデータやビューワーソフトウェアが組み込まれるすべての画像スライス上でディープスキャンを実行する
  • キオスクは硬化型システムアプライアンスで、外部からの侵入を防ぎアップロードごとに“ゼロ状態へ戻す”
  • シンプルで使いやすい多言語対応のユーザーインターフェース
  • 運用やユーザー全員の構成、ステーション、詳細なレポート機能を搭載するスキャン・エンジンを一元管理
  • 補助的なキオスクとライセンスを追加することによりシンプルで拡張性が高いソリューションへ
  • ベンダーはHIPPAのメンテナンスやGDPRコンプライアンスのスキャンコンテンツへ露出されない

受賞歴のある当社のソリューションをお試しください