当社のクライアント

設立から6年経過するSasa Softwareは、金融、医療、セキュリティ、エネルギー、食品、輸送、政府、インフラサービスや公共サービスという幅広い分野で代表する地元団体および多国籍企業190社以上へ最先端のネットワークセキュリティを提供するプロバイダーです。

事例
ある保険会社が彼らのオンラインサービス・ポータルを通じてファイル共有の安全をどのように保証できたか

社員4,000人以上抱えTASEで取引するイスラエル大手の金融サービス企業が、顧客、投資家、保険代理店やその他すべての利害関係者が、ネットワークセキュリティに妥協せず日々の企業運営に対して最小限の影響に抑えて同社のwebベース・サービスサイトからファイルをアップロードおよび検索できるよう要望がした。

ソリューション

ファイルは、webポータル経由でFileVault(ファイルヴォールト)へ安全にアップロードされます。GateScanner®アプリケーションサーバーがファイルwp自動スキャンします。選択したファイルは、GateScanner外部ツール統合経由でサンドボックスインスペクションへ送られます。安全なファイルは企業データセンターで保存され検索で利用できます。

実績

外部当事者との通信は、顧客のビジネスフローに欠かせないです。GateScannerは、顧客の妨げられることのない生産性に対する妥協しない要望、ファイルの受信数、そして最小の待ち時間を求める要求を実現しました。
GateScannerは、既知の脅威に対して強化した保護機能を提供し、無害化ファイルによって巧妙で的を絞ったサイバー攻撃への暴露を劇的に減らします。
ソリューションは管理しやすく、集中的な活動監査と併せて日々の更新を一元化して受け取れます。

作業の流れ

ユーザーはファイルをwebベースのポータルへアップロードしてファイルを安全なボールト(CyberArk)へ転送します。
ファイルは、複数のTrue Typeエンジンと複数のアンチウイルスエンジンで既知の脅威を探すためにディープスキャンを受けます。
選択ファイルは外部ルール・コネクターを介してFortiサンドボックスインスペクションを受けます。感染したファイルや疑わしいファイルはブロックされます。
ファイルは、定義ファイルに従って補完的な無害化を受けます。
中和したファイルは、顧客のデータセンターへ安全に投入されます。
安全なファイルは、顧客のwebポータルから検索できるようになります。

大手医療機関がランサムウェア攻撃をどのように回避したか

Assutaメディカルセンターは、病院4棟と救急センターを併せイスラエル最大の個人医療機関で、毎年100万人以上の患者に医療提供しており、1年あたり92,000件以上の手術と6,000件のIVF診療をしています。クライアントは、意図的なサイバー攻撃の割合が増えてきたことに気づき、ブラウジング経由の悪質な攻撃を防ぐだけでなく、劇的なメールセキュリティの改善も望みました。

ソリューション

Assuta病院は、複数のGateScanner®ソリューション(メール、安全なweb閲覧)を導入しました。90%以上占める悪意のある攻撃対象がメールとweb閲覧であったため、ソリューションはAssuta病院の潜在的なサイバー攻撃への暴露を劇的に減らしました。すべてのメールとファイルを無害化するので、ソリューションは潜在的な従業員の過失に対する暴露を減らし、彼らの従業員に対してセキュリティの重要性認識研修に著しく注力しています。

実績

Tamir Ronen氏(Assuna医療センター情報セキュリティ最高責任者)は、“ここ数ヶ月、私たちは、悪名高い「Petya」を含むいくつかのランサムウェア攻撃の的になりました。幸いにも、GateScannerがこれらの攻撃を防ぎシステムダウンやデータ侵害へさらされることから私たちを守ってくれています。Sasa Softwareのソリューションのおかげで、未知や既知の悪意のある攻撃からもっとたくさん助けられていると私たちは感じています。”と話してくれました。

化学品製造の多国籍企業が世界規模の生産体制をどのように守ったか

年間売上高50憶ドル以上、10,000人以上の従業員を抱え、NYSE(ニュートーク証券取引所)に登録されている化学肥料、金属や特殊用途化学薬品の多国籍メーカは、四大陸にわたる230以上の支店と製造拠点から世界規模で運営しています。同社の経営上の生産体制は最先端のファイルベース・サイバー攻撃から絶対守られなければなりません。同社は、ファイルをエアギャップ・ネットワーク(隔離ネットワーク)へ投入する上で安全性が高く信頼できる効果的な方法を要求しました。

ソリューション

エアギャップネットワークへの一方向ファイル転送を目的として、GateScanner®インジェクターと併せてGateScanner®キオスクを地理的に分配し一元管理しました。キオスクは、世界各地の生産拠点に導入され米国本社で管理されます。

  作業の流れ

  • ユーザーはGateScanner®キオスクで取り外し可能なメディアからファイルを選択します。
  • ファイルは、キオスクへコピーされ、複数のTrue Typeエンジンと複数のアンチウイルスエンジンで既知の脅威を探すためにディープスキャンを受けます。感染したファイルや疑わしいファイルはブロックされます。
  • ファイルは、定義したポリシーに従って補完的な無害化を受けます。
  • 無害化したファイルは、GateScannerインジェクターを介して運用ネットワークへ一方向転送されます。
  • ファイルはネットワーク共用かユーザーのホームドライブへ保存されます。
  • ユーザーは、スキャンが完了した後に通知を受け取ります。
  • キオスクは、同社のSIEMへ送られたログと一緒に同社の米国本社で一元管理されます。

実績

  • GateScannerは、既知の脅威に対して強化した保護機能を提供し、無害化ファイルによって巧妙で的を絞ったサイバー攻撃への暴露を劇的に減らします。
  • これからは、外部ファイルを運用ネットワークへ安心かつ安全に投入できます。
  • ソリューションは管理しやすく、集中的な活動監査と併せて日々の更新を一元化して受け取れます。

受賞歴のある当社のソリューションをお試しください